エッセイ
ひと時の休息に「エッセイ」をご用意致しました。



西洋カボチャ(栗カボチャ)
カボチャ

 日本でカボチャを英訳してと言うと、たいていの人が「パンプキン」と答えてくれるようですが、これは間違いです。
また、日本由来のかぼちゃは、今ではあまり食べられていません。何故でしょう? 答えは簡単で、日本のカボチャより西洋カボチャの方が天麩羅などにすると甘くて美味しいからです。

ところで、カボチャと言えばハロウィンと言うほど今ではポピュラーな存在のカボチャとハロウィンですが、元々は、古代ケルト人が行っていた秋の収穫祭や悪魔祓いの儀式であり、その発祥はアイルランドやスコットランドだとされています。 やがてこの儀式に、キリスト教の万聖節が結びつき、ハロウィンとなりました。

当初、秋の収穫や悪魔祓いの儀式として行われていたものはカボチャではなくカブを使っていました。しかし、ハロウィンがアメリカに伝わった際に当時のアメリカはカブに余り馴染みがなく、代わりにたくさん獲れていたカボチャ(パンプキン)を使うようになったのです。
 そして、このアメリカ式が世界中に広まったため、ハロウィン=カボチャ(パンプキン)という認識になったと言われています。
 また、ハロウィンは11月1日に行われるキリスト教の万聖節「All Hallows」の前夜祭、つまりはAll Hallows’Eveであることからハロウィンはこの10月31日のみを指します。
 今では、ハロウィンといえば、やっぱりカボチャですね、この時期あちこちで「パンプキン」の文字が躍っています。しかし実は、日本のカボチャのほとんどはパンプキンではありません。いったいどういうことなのでしょうか。
 実は、カボチャには大きく分けて西洋カボチャ、日本カボチャ、ペポカボチャの3つがあります。米国では熟したオレンジ色の果皮のペポカボチャのことを、パンプキンと呼んでいるようです。

英語ではカボチャのことを総称して「スクワッシュ(Squash)」といい、西洋カボチャは「ウインター・スクワッシュ」、日本カボチャは「トロピカル・スクワッシュ」などと呼ぶことが多いようです。ペポカボチャは「サマー・スクワッシュ」といい、その一部をパンプキンと言うらしいのです。
つまり、パンプキンとはカボチャの中のごく一部のものを指しています。

※ちなみにハロウィンになると、必ず飾られるカボチャのお化け。中にキャンドルで火を灯してランプのように使いますが、実はこのカボチャのお化けにはちゃんとした名前があります。その名も「ジャック・オー・ランタン」。直訳すると、ランタン(吊り下げ式のランプ)を持っているジャック、という意味になり、このジャック・オー・ランタンにはこんな逸話があります。
-----------------------------------------------------------------
 その昔、ジャックという堕落した人生を送っていた男が、ハロウィンの夜に悪魔に魂を取られそうになった時、悪魔を嘘で騙して自分の魂を取らないようにと約束をさせました。
 それから時が流れ、ジャックは年老いて亡くなったのですが、生前悪いことばかりをしてきたジャックは天国に行くことができず、地獄へと向かいます。しかし、地獄の門の前には昔騙したあの悪魔が立っており、「お前の魂を奪わないと約束したではないか」と、追い返されてしまうのです。

天国にも地獄にも行けないジャックが困り果てていると、悪魔は「元にいた場所に戻ればいい」と言い、暗い道中に灯りになる地獄の火種を分けてくれました。
そこで、ジャックは近くにあったカブをくり抜いて、その中に悪魔から貰った火種を置いてランタンにし、永遠にあの世とこの世を彷徨い歩くようになったと言われています。
-----------------------------------------------------------------
※右の写真のパンプキンはぺポカボチャの仲間です

 話を元に戻しましょう、日本で食べられているカボチャは西洋カボチャが多いと書きましたが、日本カボチャが全滅したと言う意味ではありません。今でも、少数の品種ですが栽培されており、高級料亭などでは季節の野菜として使われています。

 カボチャは(西洋カボチャ、日本カボチャ、ペポカボチャ)の3種類が有ると、書きましたが正しくは日本で生産されているカボチャはこの3種類と言う事です。そして、それぞれの特徴は、西洋カボチャは甘みが強く、粉質でほくほくした味わい、日本カボチャは甘みが少なく、柔らかく水っぽい肉質が特徴で、日本料理などで煮物にすると大変美味しくなります。最後にペポカボチャですが、淡白な味で、そうめんかぼちゃ、ズッキーニ、スキャロープなど、形がユニークなものが多いようですね。

 ところで、江戸の昔から、冬至の日にカボチャを食べると、かぜや中風にかからないとか、福がくるなどといわれてきました。カボチャの収穫は夏ですが、貯蔵がよくききます。先人は太陽の恵みをたっぷり受けて完熟したカボチャを冬至まで保存して、緑黄色野菜の少ない冬場に備えたのですね。カボチャには、粘膜や皮膚の抵抗力を強くするカロテンが多く含まれているのを、経験で知っていたのでしょう。

 ああ、それからカボチャは種まで食べられるのですが知っていましたか?
ただ、一般的なカボチャの種は硬い殻で覆われており、殻を剥くのが大変なんですね。そのため日本では種の調理方法を記したものは、あまり見かけません。
でも、最新の研究で種を簡単に取り出せるカボチャの開発に北海道農業研究センターが成功したようです。
種子がおいしく手軽に食べられるカボチャの新品種、ストライプペポと名付けられました。

 これで、パンプキンを飾り、ペポのタネをつまみ、甘いスクワッシュの料理を楽しむことが出来そうですね。



バックナンバー
2017.09 パンの実 名前だけ聞くと(パンの実を)知らない人は、何を想像するのでしょうか?
2017.08 アピギギ チャモロ料理は、スペインやアジア各国の影響を受けた料理であるのと同様、チャモロスイーツ
2017.07 にんじんしりしり 沖縄県の郷土料理ですが、最近では手軽な料理として広まっているようです。
2017.06 冷やし中華 夏の食べ物といえば、かき氷、スイカ、枝豆などがありますが、忘れてはいけないのは冷やし中華ですね
2017.05 パパイヤしりしり パパイヤしりしり(青パパイヤを使った沖縄の料理です。)
2017.04 ウモレオウギガニ ダイバーの皆さんはスベスベマンジュウガニと聞けば、ああ毒カニのと
2017.03 ジャボチカバ 幹にビッシリと実らせた、ぶどうの粒のような果物って知ってますか?
2017.02 おみくじ おみくじ(御神籤)とは神社・仏閣等で吉凶を占うために引く籤です。
2017.01 お雑煮とお餅 お雑煮の主役といえばお餅ですね。お餅には四角い角餅と丸い餅の2種類があることを
2016.12 お茶とお茶菓子 自宅で訪問客にお茶を出す機会もたまにありますね。
2016.11 泡盛(あわもり) 泡盛(あわもり)とは米を原料に黒麹菌で造った、米麹を発酵させた沖縄の蒸留酒です。
2016.10 サトイモ(里芋) 里芋は、東南アジアの熱帯が原産で、タロイモの仲間です。
2016.09 栗(クリ) 秋の味覚を代表する「栗」は、大きく分けて4つの種類があります
2016.08 タマリンド アフリカの熱帯が原産で、インド、東南アジア、アメリカ州などの亜熱帯および熱帯各地で栽培
2016.07 七夕(たなばた) 七夕は五節句のひとつで、縁起の良い「陽数」とされる奇数が連なる7月7日の夕べに行われる
2016.06 アマガエル 梅雨の時期になるとアマガエルの合唱の時期になります。
2016.05 仙桃って? 2月に台湾に行った時たまたま、この仙桃を見かけました。
2016.04 エイプリルフール 4月1日に害のない嘘を吐いてもよい、という習慣のとです。
2016.03 大根は冬のスター 大根は多くの品種があり、根の長さ・太さなどの形状が多様。また皮の色も白以外に
2016.02 紀元節 神武天皇の即位日とされている祭日で、明治6年に、2月11日と定められました。
2016.01 初夢 現代では元日(1月1日)の夜から2日の朝に掛けて見る夢とされています。
2015.12 バードウォッチング 南の島に行ったら綺麗な小鳥を見かけた事がありませんか?
2015.11 日本の国花は桜と菊。国鳥はキジです。みなさん知っていましたか?
2015.10 ミズクラゲ ミズクラゲは日本の海でよく見ることができるクラゲです
2015.09 イモガイ 改めて書かなくても良いのかも知れませんが、今回はイモガイをとりあげてみました。
2015.08 アンドンクラゲ 日本の沿岸には30種を超えるクラゲがいます。
2015.07 グリーンフラッシュ ハワイやグアムサイパンといった南国では「その光を見た者には幸福が訪れる」と言われています。
2015.06 沖縄美ら海水族館 沖縄美ら海水族館に行って来ました。
2015.05 マグロの天ぷら 3月の沖縄・石垣に行った時、出会ったのが「マグロの天ぷら」でした。
2015.04 ストレリチア 極楽鳥花(ゴクラクチョウカ)とは、よく言ったもので、確かに南の島の鮮やかな鳥が・・・
2015.03 ブーゲンビリア ブーゲンビリアは、オシロイバナ科ブーゲンビリア属に属する熱帯性の低木(つる性の植物)です。
2015.02 シュガーアップル 釈迦の頭に似ているので和名は釈迦頭と言います。
2015.01 ハイビスカス ハイビスカスは南国地方の象徴のような花ですね。
2014.12 リュウガン ムクロジ科ムクロジ属の常緑小高木またはその果実のことですね。
2014.11 ショウガ(生姜) ショウガはショウガ科の多年草で熱帯アジアが原産です。
2014.10 ニッパ椰子 南国の島々を訪れると、椰子の葉で葺いた屋根の家々をよく見かけますね。
2014.09 サンゴ 南の海に広がる珊瑚礁!あまいロマンの香りが感じられそうな言葉ですね
2014.08 ミソハギ 湿地や田の畔などでよく見られ、また栽培されています。
2014.07 紫蘇酒 毎年作っている紫蘇が、大収穫だったので、今年は紫蘇酒を造ってみました。
2014.06 ソラマメ 初夏になるとお目見えする「ソラマメ」 私の大好きな食材のひとつです。
2014.05 アメリカンドッグ ソーセージを串に刺し、小麦粉などで作った衣をつけて油で揚げたものの総称です。
2014.04 ホットドック 皆さんも一度くらいはホットドックを食べたことがあると思いますが、
2014.03 フルーツ三昧 誰もが一度は食べてみたいとあこがれるフルーツ三昧。
2014.02 サトウキビ 砂糖の原料となる農作物ですね。
2014.01 マングローブクラブ 南の島ではマングローブが発達している場所が各地で見られます。
2013.12 チェリモヤ フルーツの中でも異彩を放つ「チェリモヤ」
2013.11 マンゴスチン マンゴスチンも世界三大美果のひとつに数えられている果物です。
2013.10 マンゴー マンゴーはチェリモヤやマンゴスチンとともに世界三大美果のひとつに数えられている果物です。
2013.09 ドラゴンフルーツ(2) 皆さんは、ドラゴンフルーツってご存知ですか。
2013.08 パッションフルーツ パッションフルーツはアメリカ大陸亜熱帯原産の果物です。
2013.07 椰子酒(TUBA) TUBA(ツバ)と言う椰子酒を知っていますか?
2013.06 サンセットクルーズ 美しい海をクルージングしながらサンセット(夕日)を楽しむディナー・クルーズが一般的ですね。
2013.05 Paradise island パラダイスアイランド。そこはこの世の楽園!ダイバーにとって、まさに天国のような島です。
2013.04 古来から日本人にとって、「花といえば桜」と言われるほど桜は馴染み深いものですね。
2013.03 ダイビングクルーズ ダイビングクルーズ・・・良い響きですね!
2013.02 ビーチ 皆さんは「ビーチ」と聞くと何を思い浮かべますか?
2013.01 霜柱 今年も冬がやって来ました、寒い朝に時々見かけるこの光景!ご存知ですね。そう!霜柱です。
2012.12 焼き芋 今年も寒い季節がやってきました。寒くなると、枯れ木や落ち葉を集め、焚き火を行っている風景を
2012.11 鍋料理 鍋料理とは、複数人で鍋を囲み、卓上コンロやホットプレートなどで調理しながら、
2012.10 リゾートホテル リゾートホテルは、保養や余暇を過ごすことを目的として観光地や避暑地などのリゾート地に作られた
2012.09 ブランチ ブランチ(brunch)とは、朝食と昼食を兼ね備えた食事のことですね。
2012.08 花火 夏の風物詩としておなじみの花火ですが、線香花火や電気花火は玩具屋などで売られており
2012.07 海の家 今年も海の家が開かれる季節になりましたね。
2012.06 梅雨 私事ですが、5月末に梅の実を収穫しました。
2012.05 フレームツリー フレームツリーは、北マリアナ諸島の国花(国樹)として親しまれ
2012.04 回転寿司 日本では一般的なすし屋に比べると、安価なファミリー向けの寿司レストランと言った感覚ですね。
2012.03 ヤシガニ ヤシガニは陸上で生活をする最大の甲殻類です。
2012.02 バーベキュー 大きな海を目の前にして、仲間同士でワイワイと、ビール片手に盛り上がるのは楽しいですね。
2012.01 お雑煮 お雑煮は一年の無事を祈りお正月に食べる伝統的な日本料理です。
2011.12 クリスマス 南の島サイパンは、キリスト教徒(カソリック)が多いのでクリスマスは盛大に祝います。
2011.11 ねぎま鍋 この季節になると朝晩は肌寒くなってきますね。寒くなると鍋料理がうれしいですねえ!
2011.10 フルーツカレー ダイビングなどで南の島々に行くと、さまざまなフルーツが味わえますね。
2011.09 ゴーヤの味噌炒め 今回も大変簡単で手軽に出来るゴーヤ料理を紹介します。
2011.08 ゴーヤのサラダ 大変簡単で手軽に出来るお勧めの一品を紹介します。
2011.07 ニーム 作物を食害する害虫に対して有効でまさに、「奇跡の木」としてアメリカや欧州をはじめ、世界各国で
2011.06 ゴンズイ ナマズのような海水魚で、一般的には群れて泳ぐ姿を見ることが多いようです。
2011.05 オニダルマオコゼ 岩礁や珊瑚礁に住み着いており、石ころと見間違えてしまうことも多いようです。
2011.04 バラクーダ 本州以南、太平洋、インド洋に広く生息しています。
2011.03 アカエイ 体長2mくらいになる大型の魚で、尾部に1〜3本の長くて鋭い棘があります。
2011.02 五色海老 房総半島より南にある日本の沿岸部や、インド洋および西太平洋などの熱帯・亜熱帯の海に広く生息し
2011.01 トウゴマ(唐胡麻) トウゴマ(唐胡麻)は、トウダイグサ科トウゴマ属の多年草で、別名、ヒマ(蓖麻)と呼ばれています
2010.12 唐辛子 皆さんも唐辛子は食材として良く知っている植物ですね。
2010.11 マングローブ 「マングローブ」という名前がついた植物はありません。
2010.10 スターフルーツ 星の形をした果実を付けるスターフルーツは、カタバミ科の植物で和名では、五歛子(ゴレンシ)と呼ばれ
2010.09 サンセット 南太平洋で見られるサンセット(夕焼け)は見ている人をのんびりとした気持ちにさせてくれます。
2010.08 ビッグ・フィッシング 南太平洋は日本近海に勝るとも劣らぬフィッシングが楽しめるポイントが多数あります。
2010.07 ココ椰子 南洋の島々で海岸に立っている木々をイメージすると、このココ椰子を思い浮かべると思います。
2010.06 ココナツジュース ココナツの頑丈な殻の中には水分が一杯詰まっています。そして、これがココナツジュースです。
2010.05 ドラゴンフルーツ ドラゴンフルーツはサボテン科に属し、ピタヤと呼ばれるている多肉植物です。
2010.04 メラネシア メラネシア(Melanesia)も、オセアニアの海洋部の分類の一つです。
2010.03 ポリネシア ポリネシアはオセアニアの海洋部の分類の一つです。ギリシャ語で「多くの島々」を表しています。
2010.02 ミクロネシア ミクロネシア (Micronesia) はオセアニアの海洋部の分類の一つです。
2010.01 パイナップル パイナップルは、熱帯アメリカ原産のパイナップル科の多年草です。
2009.12 パパイア メキシコ南部を原産とする常緑樹です。
2009.11 バナナ バナナはよく「バナナの木」に実が成ると言われていますね。
2009.10 ポリネシアンダンス ポリネシアンダンスはもともと、動物の動作を真似た踊りが原型のようです。
2009.09 フラ(Hula) 皆さんは、フラと聞くと何を思い浮かべますか?
2009.08 ムームー ムームー(muumuu)とは、ハワイで女性の正装とされているゆったりとしたドレスです。
2009.07 アロハシャツ ハワイにシャツが伝わったのは1820年頃で、米国本土から開拓者たちが持ち込んだのが初めだと言われ
2009.06 サンドウィッチ サンドウィッチは、たいへん単純な料理でありながら、様々なバリエーションがあり、世界中でよく食され
2009.05 ドライマンゴー 東南アジアや太平洋の島々などで、よく見られるマンゴーですが、良く熟れたものは抜群に美味いですね。
2009.04 コーヒーの話 コーヒー豆にはアラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種がよく知られています。